男性

マンション経営をする流儀|不安を払拭できるガイド

家賃トラブルの対策

人形とお金とつみき

保証の新しい形として

不動産経営を行っている人は、家賃債務保証会社の存在を知る機会も増えています。家賃債務保証会社は保証人として機能する会社のため、家賃滞納時の保証に適しているのです。家賃債務保証会社は現代日本で連帯保証人が立てにくくなったことを受けて、設立されました。いろいろな特色を持つ家賃債務保証会社があり、保証料の設定などもまちまちです。そのため不動産経営者は、自分の物件に向いている家賃債務保証会社を設定する必要があります。もちろん今まで通り連帯保証人が立てられない人以外は入居させないと言う方針も取ることができます。ですが連帯保証人は債務を保証する義務はあるものの、一般人であるためすぐに返済することが難しいケースもあります。

需要も増している

家賃債務保証会社であれば個人ではなく法人であることから、より強い保証力を持っています。もちろん連帯保証人を立てられる人にとっては不要ですが、保証人になる人が身近にいない人などは利用価値がある制度です。家賃債務保証会社の利用と連帯保証人を選べるように設定しておけば、比較的入居者の幅も広がるため空室対策としても活用できます。特に単身向けマンションであれば保証料も少なくて済むため、手間をかけて保証人を探すよりも家賃債務保証会社の利用で済ませたいと考える人も多くなっているのです。高齢者なども増えているため、これからますます需要が増えていくことも考えられます。家賃債務保証会社を設定しておけば、経営も有利になります。