男性

マンション経営をする流儀|不安を払拭できるガイド

保証人なしで部屋を借りる

レディ

審査に通った人が利用可能

賃貸物件を借りる時には連帯保証人が必要です。しかし最近は連帯保証人になってくれる人がいないケースが増えており、その代わりとして賃貸保証会社を利用する人が増えています。不動産会社でも賃貸保証会社と提携している所が増えています。連帯保証人を探す必要がないので借りる方としては便利ですが、誰でも利用できるというわけではないのです。賃貸保証会社を利用する場合は事前に審査があります。審査に通った人でないと利用できない仕組みになっています。例えば過去に家賃を滞納したままであるとか、収入が少ないのに高い家賃の物件を借りようとしている場合には審査に通らなくなります。賃貸保証会社を利用したい時は借金などを整理して、収入に応じた物件を借りるようにします。また、貸主にとっては滞納のリスクを抑えられる制度となっています。

保証会社を使うメリット

最近は少子化や核家族化の影響で、身内に連帯保証人になってくれる人が少なくなっています。また依頼する時には連帯保証人の収入証明書などが必要なため、頼んでも断られたり、頼みづらいという状況があります。このような人は連帯保証人がいないので部屋を借りることができなくなります。このような状況を救うために考え出されたのが賃貸保証会社です。家賃の30パーセント程度の保証料を支払って、連帯保証人になってもらう仕組みです。借りる方には便利ですが、不動産会社にとっても連帯保証人を立てるよりリスクが小さくなります。もしも家賃滞納などが起こった時に、連帯保証人の場合は家賃の支払いでトラブルになることが多いのです。賃貸保証会社ならすぐに滞納分を支払ってくれます。